【新体操】アンナ・ベッソノワ 2009年世界選手権 リボン

この記事は2分で読めます

ご覧頂きありがとうございます。
当サイトはフェアリージャパンや新体操の動画をまとめて紹介しております。

東京オリンピックに向けて頑張っているフェアリージャパンを応援しよう^^

また、新体操の魅力についても動画で詳しくお伝えしていきますね^^
色々な種目があり、それぞれの魅力がありますよね!

そして新体操の魅力はやはり競技の美しさですよね。

動画で見ると改めて見ると凄さがわかります♪

そして今回の紹介する動画はこちらです!

ご感想もお待ちしております^^

『Ƹ̵̡Ӝ̵̨̄Ʒ』さん
「【新体操】アンナ・ベッソノワ 2009年世界選手権 リボン」です。

ーーー以下概要欄より引用ーーーー
アンナ・ヴラジーミロヴナ・ベッソノバ(ウクライナ語:Ганна Володимирівна Безсонова, ロシア語:Анна Владимировна Бессонова, 英語:Ganna Volodymyrivna Bessonova 又は Anna Vladimirovna Bessonova, 1984年7月29日 – )はウクライナの元新体操選手。身長174cm。ベッソノワ、ベッソーノワという表記の場合もある。ウクライナの公用語であるウクライナ語名ではハンナ・ヴォロディームィリウナ・ベズソノヴァだが、ウクライナ語名に沿った日本語表記は使用されていない。
ウクライナのキエフ出身。デルギナスクール(DERIUGINA SCHOOL)所属。母は元新体操(団体)選手、父は元サッカー選手のウラジーミル・ベスソノフ。ニックネームは、ベス、アーニャ。尊敬する選手は、アレクサンドラ・ティモシェンコ。
近年の大会ではロシアのアリーナ・カバエワ・イリーナ・チャシナとトップを争い「3強」と称されていたが、いずれも3番手に甘んじていることが多かった。しかしながら、ハイキックをはじめ長い手足を活かした芸術性への評価は高く、演技の美しさよりも技の難易度の高さを重視する現在の採点方法とプレイスタイルがかみ合っていないためだとする見方も出来る。その逆境の中、ついに2007年の世界選手権では、ロシア勢を抑えて念願の個人総合1位となった。
北京オリンピックの金メダル候補として迎えた2008年だが、ヨーロッパ選手権で成長著しいロシアの エフゲニア・カナエワに敗れ、個人総合2位となる。北京オリンピックでも、カナエワ、ベラルーシのインナ・ジュコワに敗れ、アテネオリンピックに続き銅メダルに終わる。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。